--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々の出来事 ブログランキングへ
04.12
Thu
TV東京のとある番組を視聴していました。
内容は「今まで伝聞してきた歴史は違っていた」というもの。
例えば『聖徳太子は実は存在していなかった』とか。

014_20180412043649fb8.jpg

何かのプロパガンダ?
みたいなツッコミどころ満載の番組だったワ。
途中で見るのをやめたので全部は見てないんだけど。

その中で石田三成が再評価されているというのがありました。
キリスト教信者と宣教師に対する彼の残虐行為は
上司の豊臣秀吉に命じられてのことだった、とか。

それによるといかにも秀吉が残虐だったみたいな放送の仕方だったけど、
じゃあ、なぜキリスト教を当時弾圧したのか、
という肝心な理由を何も言っていない。

こういうのが印象操作なのよね。

TV、特にTBSの昼の番組なんて印象操作のオンパレード。

私が子供の頃母が「TVを見てるとバカになる」と言ってたけど、
母の言ったことは間違いじゃない。

母は「TVの前に座ってばかりいて勉強や家の手伝いをしないとバカになる」
と言いたかったんでしょうけど。

秀吉がキリスト教信者と宣教師に対して残虐な弾圧をしたのは
当時の宣教師が日本人(女性)を奴隷として海外に売り飛ばしたから。
そこのところの説明がすっぽり抜け落ちてる。

こういうことをした末裔は今やTVやマスコミを使って
日本落としのプロパガンダに忙しい。

現政権が放送法にメスを入れようとしたとたん
マスコミはいっせいに森友がナンタラ、加計がドウタラ。

隣国の前大統領が「お友達を優遇した」とやられて失脚したけど
加計でも「首相のお友達を優遇」って、やり口が瓜二つ
ウラにいるのは同じ人なの?
同じタイプの人なんでしょうね。


関連記事

日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mariyakko.blog.fc2.com/tb.php/1864-e292ebae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。