07.31
Wed
snap_mariyakko_20137215578.jpg

●ターンアウトは動脚と軸足が同じ割合になること。
 たいがいは動脚に比重がかかりすぎ、それが軸足の膝をひねる原因となる。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.31
Wed
イギリスが製造業の強化に乗り出すようです。
「工場を海外に移して良かったのかと考え始めている。
製造業は雇用を生み、経済価値を生む。
なくしてしまっていいのかという議論が英、仏、独でなされている」
というのは来日したケンブリッジ大学S・エバンス教授のことばです。

イギリスの製品といって真っ先に思い浮かぶのは
ダイ〇ンの掃除機です。
サイクロン式の掃除機を発明していろんなメーカーを尋ねたけれど
どこも採用してくれなかった。
しかし日本の「シルバー精工(当時)」が感銘を受け
製造を引き受けて世界的な大ヒット商品となりました。

それに「フリード」というトーシューズは
ダンサーのあいだではとても有名です。
(今は日本の某メーカー傘下になっています)
一足一足をイギリスの職人さんが作っていて
手作りのためにとても高価ですが、
他の何を節約してもこれを買うという方は多いのです。
フランスの誇るパリ・オペラ座のダンサーや
オペラ座バレエ学校の生徒でさえ自国製品でなく
「フリード」の愛用者が多いことでもその素晴らしさがわかります。

「これでないと困る」という商品は高価でも買います。
松屋銀座で売るスーツなど日本の工場で作る動きもあります。

「イギリス製品が欲しい」「日本製品なら安心」
これは何にも代え難いブランドイメージではないでしょうか。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.30
Tue
「何かを失っても、新しい何かがやってくる。
        大抵は失ったものより良い何かが」
これはロシア出身のバレエダンサー、マラーホフのことばです。

私は失ったものに執着してしまうタイプで、
なかなか気持ちを切り替えることができません。
マラーホフさんの言う通り、
何かを手放さない限りは新しいものはやってこないのですね。
「断捨離」を実行する方が言っていることとも重なります。
「不要なものを捨てて、部屋にスペースを作らなければ
良い運が入ってこない」とダンシャリアンは言います。
私は、以前捨ててしまったものに激しく後悔した経験があるのと、
何か突然の災害に見舞われたとき、
不要と思っている何かが役に立つ時がくるのではないか
と思っているので
断捨離はいまひとつ実行していないのですが。
(言いわけデス)

うまくいかなくなった恋も執着していないで手放さないと
新しい恋人との出会いはない、と言います。
まあ、これは人それぞれの人生観なので何とも言えませんが・・・。

マラーホフさんはロシアの劇場で踊っていましたが
ソ連邦の崩壊とともに西側諸国で踊るようになりました。
ロシア側にしてみれば、国宝級の人材流出です。
西側の舞台で踊れば大金は入ってくるし
一見、西側は魅力的に映るのでしょうが激しい自由競争にさらされます。
それは現在のロシアでも同じなのでしょうけれど。
その彼のことばなので重みがあります。

「ボクが踊らなくなっても、他のもっといい踊り手が現れるよ」
という意味合いで言ったのかもしれませんけれど。
彼は日本ではまだ舞台に立つそうですが、
(日本の某企業がスポンサーになっているため)

今年の10月のドイツの舞台を最後に引退を表明しています。



日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.29
Mon
膝痛に強力なお助けアイテムがあるのを忘れていました。
それはワ〇ールなどから出ている
「膝関節サポートタイツ」です。
スポーツ選手が穿いているのを時折見かけるおなじみのものです。
股(こ)関節と両方サポートしてくれるアイテムも出ています。

膝痛保持歴の長い方ならもうとっくにご存知のことでしょう。
私もその存在は知っていたのに、
ポッカリ記憶から抜け落ちていました。
というか、この「膝関節サポートタイツ」ですが、
ネットで探せばいろいろあるだろうし、
こまめにスポーツショップを回ればそれなりに安い製品もあるのでしょう。
でもやはり辿り着くのは多少なりとも日本の手が加わったもの。
となると、お値段がそれなりになります。
ワ〇ールの製品だと1万数千円なんですよね。

それくらいかけるのだったら
私はその分はレッスン代にまわしたいと思ってしまうのです。
で、同じことを考えるレッスン仲間達は
市販の(スポーツ用でない)
フツーのサポートタイツで代用したりしています。

良いアイデアですが、
やはり本物のサポートタイツにはかないません。
お値段の中には研究開発費も乗せられているのだと思います。

これでまた来月は余計な出費が・・・。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.28
Sun


以前わが家は集合住宅の中ほどの家なので、
暖房代はもちろん冷房代も節約できる、と書きました。
今日はもう少し、詳しく書こうと思います。
暖房代が節約できるというのは、集合住宅真ん中の家の常識です。
上下左右のお宅が点けたエアコンやストーブの熱で温められるので、
わが家は冬はリビングは電気コタツだけです。
ただし、北側の洋室はストーブを点けないと寒いです。
(共用廊下に面しているため)
さて、問題の冷房です。
まず冷気は下に下ります。
上階のお宅&左右のお宅で稼動している冷房の冷気が
壁を伝わってわが家を冷やしてくれます。
特に寝室にしている和室は畳の部屋で
他の部屋より15センチほど高くなっていて、
畳に布団で寝ています。
なので、夜寝ていますと冷房をつけていないのにもかかわらず、
上&東側のお宅の冷房の冷気が壁を伝わってきてヒンヤリ。
真夏でも冷房をつけなくても快適に寝られます。
ただし、北側の洋室は昼は冷房をつけないときついです。

この節約ワザは上のお宅と東側のお宅がお留守の時は使えません。
わが家から4階上の7階のお宅にお住まいの方の話だと、
風が強いので夏は冷房がいらないと言っていました。
集合住宅を選ぶ時はこんなことも参考になると思います。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.27
Sat
日本郵政とアフ〇ックが保険事業で提携することになりました。
TPPに日本郵政の参入を反対する米国に対して
批判を回避するねらいだそうです。
A国のやり口はとても巧妙です。
これで、日本の巨額な保険のお金が
A国に吸い上げられることになるのですから。
もともと日本郵政が持っていた巨額の保険や預貯金。
これを自由化して吸い上げるのに、
まず郵政を民営化させる。
どこが?A国。
A国は日本の「国民健康保険」でさえやめさせようとしていたのです。
そうすれば日本はA国の巨大な保険市場となるからです。
知っていますか?
A国では保険を掛けて
いざ病気や怪我をして保険金を請求してもほとんど支払われないことを。
社会問題化しています。
私達は当時、郵政民営化の裏の意図に気付きませんでした。
知らない間にいろんなことがじわじわと決まってしまっています。
9・11でさえでっち上げる恐ろしいA国。
世界貿易センタービルに突っ込む飛行機の映像がCGだとは
誰も思いませんでした。
ひょっとしたらK国やC国の反日運動も
うしろで糸を引いているのはA国かも、と思ったりしてしまいます。
K国やC国と連携できなければ日本のA国依存がますます深まるからです。
NOと言えない日政府でしょうから、
せめて私達は生活の自衛をしていくことを考えるしかありません。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.26
Fri
今日は「草笛日記」7月18日の記事からネタを頂戴しました。
林修氏についての記事です。

林氏は今塾講師として成功を収め、
その活躍はTVのバラエティ番組にもおよんでいます。
私も「笑っていいとも」で林氏の講義の一端を見ますが、
とても楽しくわかりやすく、
大勢の生徒達の学びの指標となっている有用の人物だと思います。

動画でご自身の今までの経緯を語られておられましたが、
私はずーっと思っていたことが林氏の言葉に重なりましたので
忘れないうちに書かせていただこうと思いました。

林氏に対して辛口になりますが、
私は決してカレを批判しているのではないことはどうかわかって下さい。

辛口の理由は次の一点デス。

林氏は東大法学部のご卒業で某銀行に入社しました。
カレが離職した理由が
「アナリストを希望したがかなえられなかったから」でした。
法学部の卒業なので、
銀行側としては対外的な交渉ごとや労使交渉、
訴訟問題方面等での仕事を林氏に期待していたのだろうと思います。
アナリストなら経済学部卒の独壇場でしょう。
林氏の言う「正しい場所で努力する」に矛盾した言葉です。

バブル真っ盛りのころはこういう現象が頻繁に起きています。
一番びっくりしたのが、
工学部を卒業して銀行を希望する学生が当時多かったことです。
バブル期なので銀行側も採用したのだろうと思います。

その頃の時代の雰囲気というものもあるし
ひとりひとりの人生をあれこれ言う意図で書いるのではないです。

せっかく工学部を卒業して工学方面に有用な人物が、
ナゼ銀行でまったく畑違いの仕事をしようと思うのか。
もちろん工学部に入ったけれど自分には合わない
というので方向転換するというのもあると思います。

メ-カーで働く場所がなくてそこしか行く場所がなかったのなら仕方ないです。
でもそうではない。
あの頃工学部卒の優秀な生徒がメーカーに入社していてくれたら、
今の日本のような製造業の衰退を招かなかったのではないか、
とも思うのです。
(メーカー衰退はそんな単純な理由ではないのでしょうけれど)
銀行や証券方面で仕事をしたいと思ったら
経済学部や商学部で学ぶのが妥当でしょう。

畑違いの学部からそういう職業を希望して入社したとしたら、
その影にはその仕事を希望して、妥当な学部を卒業した
他の誰かが仕事にあぶれたことになるのです。
「正しい努力をしてきた」他の誰かが。

今の日本の凋落の一端はこんなところにもあるのだと思います。



日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
07.25
Thu
日本の皇室と深いかかわりのある英王室で王子さま誕生です。
第三位王位継承権を持つそうなので、
呼び方は王子さまで合っているのでしょうか。
すでに、いろんなブログで記事が書かれているし、
マスコミが連日報道しているし、
私は英王室にはまったく詳しくないので
(英国ロイヤルバレエの後援者がエリザベス女王だという知識しかない)
新しい王子さまの未来図を勝手に占ってみました。
詳細に占えばまた別のものも見えてくるかもしれませんが
こういうのは案外直感が重要なので、超短時間で占いました。

ジョージ王子は2013年7月22日4時24分ロンドン生まれです。
あくまで私の占いです。
占いに詳しい方はご自分でも占ってみて下さい。

人格的には情に厚い同情心に富んだ王子さまです。
行動力もあり、外国に縁があります。
祖母の故ダイアナ妃に似て外国の困難に直面した国々に
同情と援助の手を差し伸べる王子さまになっていくと思われます。

ただ、ご本人は家庭的にはあまり恵まれていません。(あくまで占い)
一回目はとても目立つ方、二度目はたいへんな美女とご結婚されますが、
いずれも離婚に至ると思います。
また財政的に異変を経験すると出ているので、
ご両親の離婚があるかもしれません。

以上今日は、ベビー誕生のパーティーに呼ばれなかった
カラボス(眠れる森の美女)のジョージ王子を占うでした。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
07.24
Wed
先々週「サワコの朝」というTV番組を見ていましたら、
「YOU」さんがゲストでした。
YOUさんは美容院には10年以上行ったことがなく、
あのトレードマークの髪はご自分でカットされているのだそうです。

それを聞いた私は自分で髪をカットすることを思いつきました。
        snap_mariyakko_201370145745.jpg
  
              snap_mariyakko_20137015442.jpg

        snap_mariyakko_201370151442.jpg
手順はこんな感じです。
感想はやはりできればプロの手にお任せするのが一番です。
いろんな方のブログをさまよっていますと、
美容院でも1500円のカットがあると聞いて驚きます。
私の住まいの範囲では残念ながら、美容院カットは4千円前後、
千円カットはお客さんが男性ばかりで入るには勇気が必要です。

オシャレ心のある方にはセルフカットより美容院をおすすめします。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.23
Tue
「膝痛回復日記」という題名なのに、
題名と関係ないことばかり書いていて申し訳ないので
たまには膝痛の話を書きます。

私が表題の話題についてあまり書かないのには訳があります。
それは脳には考えたことに意識を集中しようとする働きがあるので
あまり痛みに考えが集中しないようにするためです。

一度どこかを傷めると実際には傷が治っているのにかかわらず
ニンゲンは痛みを感じることがあります。
多分一度傷めたところは、再び傷めやすいので
痛みを感じることで再発を防ぐ、という自衛の意味もあるのだと思います。
「ここを酷使してはいけない」という警告の痛みです。

例えば、病院でこれから注射というときに、
注射される前から痛みを予測して体が緊張したりします。

痛みにはそういう側面があり、
「ここは傷めている」と思うと、より痛みを感じるということもあるのです。

以上は「膝痛回復日記」を書き始めて学んだことの一つです。
なので自分の脳をだますためにも、
このブログにはあまり膝痛の話を書かないことにしています。

私が文章力に欠けるため、膝痛に対しての描写力がないことと、
専門的な膝痛対策はもっと詳しい方がいらっしゃるのでは
との思いもあります。


バレエはつま先を外に向けます。
それは前後左右に動く動作に対応するためと上体を引き上げるためです。
これを習得するために何千時間も費やします。

             snap_mariyakko_20137243824.jpg

股関節と膝とつま先を完全に同じ方向に向けて立つと
長年鍛えたプロでもつま先は100度以上には開きません。
膝と、かかとのひねりも加えてようやく大きな角度が完成します。

バレエのレッスン回数は大幅に減らしましたが
私にとっては心の栄養なので、膝の痛みがあってもレッスンしています。

今のところはレッスンするたびに揺り戻す、の繰り返しです。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.22
Mon
投票率が52%強らしいです。
有権者の2人に1人の投票ってことですね。

結局有権者の2分の一が日本を動かしているということでしょうか。
イワシの集団の方向を変えるのは一尾だから、
まあそれでも多いほうだと考えればいいのかしら。
有権者の約半分が向きを変える方向に残りの半分が従うイワシの集団、
って考えればなんとく納得がいくような、いかないような。

今回、向きは大きく変わりました。
もとに戻ったと言ったほうが合っているかもしれません。

来年の4月には消費税が上がります。
中国もバブルがはじけそうで、そうなると日本にも影響が及びます。
遠くのできごとに思えることも、
自分のオサイフに影響してくる時代です。

当選された議員の皆さんには期待をしています。

二度とあの狂乱のバブル時代は来ないにしても、
10代、20代の人が幸せと思える日本になりますように。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.21
Sun


最近は私のように土日も仕事という方が増えているそうです。
(そのかわり平日休み)
投票時間が午前7時~午後8時までなんですよね。
通勤時間も入れるとその時間は投票は難しい
という方もいらっしゃるのでは?
じゃあ、期日前投票すればと思っていても忘れてしまったり。

例えばコンビニでも投票できる
となれば投票率が上がると思うのですがどうでしょうか。

若い人の投票率が上がるといいのですが。

たいへんな時期ですが、「はぐれイワシ」の私も
未来を作る若い人達のためにも一票を投じてこようと思います。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 4 trackback 0
07.20
Sat
デトロイト市が約1兆8千億円の負債を抱えて破産しました。
デトロイト市はゼネラル・モータース(GM)の本社がある場所なのですね。
私はGMの日本直営店のわきを週に数回通るのですが、
キャデラックやシボレーが飾られています。
燃費が悪そうな大きな車です。
日曜はそれでもお客さんがたまにいますが、
平日はお客さんを見たことがありません。
日本のような国土の狭い国や、
ヨーロッパのような道幅の狭い国では絶対売れないと思います。

アメリカは1%の富者と99%の貧困の国。
社長の年俸が〇〇〇億円で
末端の非正規社員が週給、数万円の国です。
それでは破綻もしますって。

何年前くらいだったか記憶が定かではありませんが、
アメリカは日本車たたきをしていました。
それは今でも同じで、日本のメーカーに難癖をつけて
〇〇億円の罰金を科したりしています。
金をそういう方法で得ようというわけです。

K国やC国が反日運動をヒステリックにしていたのは
上のA国のように経済が崖っぷちだからです。
日本からなんとか金を取ろうと算段しているのです。
まあ、そのK国やC国を裏で操る
米国の1%のそんざ・・ごほっげほっ・・ごほっ

まさにニタリクジラやジンベイザメやアホウドリに狙われた
イワシの群れ状態の日本。

明日、いよいよ参院選の投票日です。
私達イワシの群れはどちらの方向をむくのでしょうか。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
07.19
Fri
普段使いなれていない箇所を急激に使うと、攣(つ)ります。
若いころはスポーツ自慢だったお父さんが
久しぶりにお子さんの運動会で走って、
ひっくり返って痛がっているのを見かけたりします。

これは運動不足のせいでも、ストレッチ不足のせいでもありません。
ニンゲンは35歳を過ぎたあたりから
筋肉に栄養を届ける能力が落ちるんですって。

血液中の栄養を若いほどにはスムーズに目的地に運べなくなる。
それが攣(つ)り易さの原因だそうです。

          snap_mariyakko_20137545956.jpg

若いころは筋肉が攣ったということはあまりなかった気がします。

対策としては熱中症と同じで水分をよく取ることだそうです。
そういえば、熱中症の初期症状に「筋肉が攣る」があります。
最近レッスン中に脚のあちこちが攣ったのは
熱中症の初期症状だったのでしょうか?

いえいえ、加齢によるものでしょう。
だって1クラス十数人のピラティスのクラスで
「脚、攣るよね」とうなずき合うのは2人だけですもの。
私と同年代の2人だけ。
それに冬でも脚が攣ります。

他の方は皆さんお若いので攣るのではなく、「筋肉痛」の痛み。
先生は「攣り組み」を配慮。
いつも申し訳ないです。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.18
Thu
お中元はいつごろ贈るのがベストなのか未だにわかりません。
遅くとも8月中旬くらいにまでに贈ればいいことはわかっていますが。

私の場合は送り先は実家だけなので、
それほど贈る時期にも贈るものにも迷いません。
いつ贈ろうが何を贈ろうが喜んでもらえるし、
贈った物自体よりも、私が元気でいるということの証であるので
単に「お中元を贈った」行為そのもので喜んでもらえるのです。

難しいのは仕事関係へのお中元です。
日ごろお世話になっている方や取引先へのお中元は
贈る品物や贈る時期まで気を遣います。
(我が家は自営業です。私は別の仕事をしていますが)

ピロシがお勤め人だった頃は逆にお中元をいただいていました。
自宅宛にピロシの仕事関係の方から贈られてきていました。
あの頃は何気なくいただいていましたが
贈り主の方は今の私達同様
気を遣って下さっていたのだな、と今さらのように思います。

お中元を贈ると先方さんから丁寧なお礼状が届きます。
でもいただいていた頃はお礼状を出した記憶はありません。
出さないのはピロシの会社の習慣だったので仕方ありませんが
私もピロシもそういう礼儀に疎い部分があったことを
今頃反省しています。

デパートのお中元コーナーで贈ると
送り先と贈った品物が登録されるので
次回のお歳暮からは考えなくても自動的に同じものを贈れます。
本当は先方様の様子を考えて合うようなものを贈るのが一番なのですが、
考え始めると堂々巡りの穴に落ちて時間がかかります。

お中元が自動的な習慣にならないように自戒するしかありません。



日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.17
Wed
     snap_mariyakko_201373152931.jpg

アラベスクかアティチュードの上になる動脚は
上げるのではなくむしろ下げる意識なのだそうだ。
??
上げなければ上がらないのでまるで禅問答のよう。

ある程度の角度に上がったら、
動脚は上げる意識から床に向かって押す意識に切り替える。



日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.17
Wed
最近パソコンがなんだか不調な感じです。
5月頃、不正アクセスが問題になった時には
パソコンに詳しい方のブログめぐりをしました。
自分のパソコンが不正に侵入されたかどうか調べる方法なども
いろんな記事から知ることができました。
(多分私の場合は気にしすぎ)

当時私はブログに身近な話題しか書くつもりはなく、
我が家のようなイワシ家には、もれて困るような情報はないので
放置してありました。
でも書きたいことの中には社会的な問題もあるのですね。
ダイレクトな言葉だとナントカワードに引っかかって
変にマークされてもいやなので(考えすぎ?)
遠まわしな言い回しを考えた方がいいのか迷います。

少ない時間をやりくりしながら直接的なことばに替わる言い方を探す。
いいアタマの体操になりそうです。
私はますます若返るかも。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.16
Tue
snap_mariyakko_201371161714.jpg

昨日の夜から今朝にかけては関東地方、なんだか涼しいです。
めぐみの雨ならぬ、めぐみの涼。
ほっと一息です。

今年は梅雨が短く、体の準備期間もなくいきなり4日真夏日が来たので、
熱中症になる方が今までの最多だったそうです。
そういう私も先々週に熱中症の初期症状が出てあわてました。
私は以前病気をしたこもあり抵抗力が弱いような気がします。

昨日はあまりの暑さに、午後はのんびりとお昼寝をしました。
何もしない午後というのもいいものですね。
真夏はむやみに動き回らない方がいいのかもしれません。
私はお釈迦様ではないので何も悟りませんでした。
悟らないどころか思考停止状態。
体も脳みそも休まりました。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
07.15
Mon
泳ぐゾウというのを初めて見ました。
先週TV「世界不思議発見」という番組で、です。
以前は川だったところを歩いて餌場に移動していたけれど
ダムができて湖になってしまった。
その湖をゾウが泳いで餌場に渡るのです。
泳ぎきったのを見た時には思わず涙が出ました。
      
        snap_mariyakko_20137020455.jpg

私は昨日久しぶりにプールでバタ足をしました。
ビート板につかまってバタ足をするとなかなか進みません。
何度も脳裏に昨日のゾウの映像が浮かびました。
ゾウは私のバタ足とは違い命がけです。
途中で疲れたら死んでしまうのです。

なんとしても向こう岸にたどりつかなくてはなりません。

「泳ぎ続ければ必ず向こう岸にたどりつく」というのは
中国の古いことわざです。
ものごとを途中であきらめてはいけない、という意味です。

そんなこんなが何度も頭をよぎりました。
おかげで昨日は退屈なバタ足も退屈ではありませんでした。
膝が太ももの上部とスネの下部で離れた感じがあり
昨日の夜は膝が快調でした。

せめて三日おきくらいでバタ足したいのですが、
今、プールは激混みなんですよね。



日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.13
Sat
日中の温度は35度。
アスファルトが熱せられると40度以上。
なかなかいい感じ。
私はエジプ、そうだモルディブにいるんだ。
(行ったことないのであくまで脳内変換)
気温はまさにモルディブ。
湿度が高いのはたまたま。
Tシャツ1枚にカプリパンツにサンダルでお出かけです。

電車に乗ってモルディブの都心へ。
しかし電車の中はナント、シベリアでした。
男性、特にサラリーマンと思しき方がたは革靴を履き
ジャケットを手にしています。
そういう服装に合う温度設定なので、
Tシャツ1枚の私には電車の中がシベリアに感じます。
シベリアもなかなかいいですね。(行ったことないけど)
そういえばシベリアンタイガーに似たお兄さんも座っています。
向かいにはシロクマさんやアシカさんやペンギンさんも。
北極か!!

電車をおりたらそこはモルディブ。

私は昨日何度もモルディブとシベリアを瞬間移動しました。
今日はどこへ旅に出ようか。  


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 1 trackback 0
07.12
Fri
記憶力は年齢に関係ない、という説があります。
神経細胞は年とともに減るのではなく、
鍛えれば鍛えるほど増えていくのだそうです。
これからは年齢を言い訳にできなくなってしましました。

年を重ねていろいろな経験を積んでくると
若いころのような感動が減り記憶が定着しにくいんだそうな。
そもそも忘れる対象がたいしたものでなければ忘れてしまいます。

snap_mariyakko_20137541942.jpg  snap_mariyakko_2013754234.jpg

何かを記憶しようと思ったら、覚えようとする対象に関心を持つ。
わくわくする気持ちでその対象と向き合う。
あとは何度も繰り返して記憶を定着させる。

覚えたいことを聞いた一時間以内と
寝る前に復習することは大事だそうです。

私が数学がニガテだったのは
脳に痛みが走ったこともあるかもしれない。

でもそれ以上に数式にワクワクしなかったから。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
07.11
Thu
snap_mariyakko_20137320123.jpg

今年の夏は平安時代以来の千年猛暑だそうです。
本当に平安時代もこんなに暑かったのでしょうか?
この暑さだと飢饉やら熱中症やらで
バタバタと人が倒れて大変だったでしょうね。

特に私の住まいはただでさえ暑いのに加え
東京の都市熱が風にのってかぶさりダブルパンチです。
日本一気温が高いと言われたあの熊谷が近くにあります。
(今年の日本一は山梨県甲州市です。今日の最高気温38度らしい!!)
しかも子供の頃は8月終わり頃には暑さが和らいでいましたが、
今は10月下旬まで暑さが続くのです。

今私が住んでいるのはタイの内陸だと
一生懸命自分に暗示をかけています。
日本にいながら南国気分・・・
になれないかしら。



日々の出来事 ブログランキングへ
comment 3 trackback 0
07.10
Wed
出生率、婚姻率の低下が言われて久しいですが、
20代、30代に恋人のいない人の率がとても高いそうで、
そちらの方が気になります。
私は原因が行過ぎた清潔志向にあると思っています。
前回書いた日本人は風呂好きに加えて、
夏になると体を拭く「汗拭きシート」や
汗を抑える「〇イ〇フォー」のような製品がよく売れます。
私も愛用していますが。

異性を引きつけるフェロモンはわきの下あたりにある
ナントカ線(すみません、詳しくないので)から分泌されていると聞いたことがあります。
女性は男性を好ましいかどうかと判断するのに
汗のニオイを無意識レベルですが判断材料にしているのだそうです。
(自分のDNAと遠い男性を好むのだそうです)
それを汗取りシートでふき取ったり、
制汗スプレーで抑えてしまったら、
肝心の異性をひきつけることができないのでは。

美人でもなくハンサムでもない意外な男女がモテたりするものですが、
根本的にはこのあたりに原因があるのだとニラんでいます。
今狙った異性のいる方は、
一度夏の行き過ぎた清潔志向をゆるめてみるのはどうでしょうか。

もっともこんなにも長く、暑い夏を制汗剤なしで過すのは
酷ではありますが。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.09
Tue
急に本格的な暑さが到来しました。
これから約2・3ヶ月この暑さとのお付き合いです。
私は膝痛持ちのこともあり、クーラーがニガテです。
最近は体に直接冷気が当たらないなどの
とても良いクーラーが出ているそうですけど、
私にはそういう最先端のものを買う余裕はありません。
(ボーナスは蚊の涙でした)

私が住んでいるのは築25年を過ぎた集合住宅です。
設備も何もかもが古い。
でもいいことが1つだけ。
部屋が上下左右に挟まれているので、冬は暖房はコタツだけで済む!のです。
空調も、ストーブも要らない。
(私の住まいは関東北部です)

どういうことかといいますと、集合住宅の中ほどの我が家は
上下左右のお宅が点けているストーブや空調の熱せられた空気のおかげで
おこぼれにあずかり、温められるので、暖房費がかからないのです。
これは角部屋にはない特典です。

夏はナント、他のお宅がつけているクーラーのおかげで我が家もひんやり。
え?と思われるかもしれませんが本当です。
直接体に冷気がかかることもないし、冷えすぎもないし、
しかも自分の家でクーラーをつけていないので
室外機の熱気も入ってこない。

何より電気代がかからない。

長所と短所は表裏一体。
古い集合住宅の長所はこんなところにあったのですね。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
07.08
Mon
snap_mariyakko_201371171016.jpg
●デリエールに足をもっていく時は両内もものラインを合わせる意識を持つと
後ろになった動足が外にはずれない。
●ドゥヴァンのときも同じ。



オペラ座バレエ学校設立300年記念公演の後に
昨年公演のコンテンポラリーの演目が3作品放映された。
コンテやアブストラクトに関して言えば
やはりベジャールバレエに一日の長がある。
ベジャールのコンテはエンターテイメントとしても楽しめる。
映像でなく実際の舞台を観たならまた別の感想になるのだろうが。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.08
Mon
先週2日の火曜日ロシアの宇宙基地で
ロケットの打ち上げが失敗して墜落事故がおきました。
この4年間に4回失敗しています。

ソ連崩壊後のロシアの技術者の枯渇と質の低下がうわさされています。
技術者の流出がずいぶんあるのではないでしょうか。

これはバレエの世界でも同じで
ロシアでトップだったバレエダンサーがアメリカやイギリスで踊っています。
日本でも踊っていたザハロワは呼び戻されましたが
ロシア国内では名だたるダンサーが
日本の発表会レベルの舞台でときおり目にすることがあり驚きます。

この事情はまったく日本と同じです。
日本の大手メーカーの技術者がリストラや会社への不満から
K国やC国へ流出しているのです。

最近日本製品の質の低下がささやかれていますが
日本の技術を背負うトップの技術者だけでなく
その製品を作る中堅のあぶらの乗りきった生産者もリストラでいなくなり
かわりにその仕事にあまり慣れていない安価な労働力に
取って代わられている、という事情があるのだと思います。

トップの技術者がK国やC国に流れ
K国やC国からは安価な労働力がどんどん入ってくる悪循環。


ところでK国から観光を装って入国し、
日本国内で売春をしている男女が今とても多い。
彼ら彼女らは無理やり連行されてきたのでもなければ
無理やり売春させられているわけでもない。
楽に稼げるという意識で来日し、ヘタをすればそのまま居座る。
慰安婦発言をあげつらい、発言者の政治家を批判するのであれば
売春目的で入国しているアナタの国の人達を
国策で、全員日本から引き上げさせるべきなのではないでしょうか。
貴重な外貨稼ぎなのでしょうけど。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.07
Sun
関東は梅雨明け宣言しました。
去年より20日近く早い。
暑くなってきますと、ついシャワーだけで済ませてしまいますが
体の免疫力を保つためには湯船につかることは大切です。

外は暑いですが
職場や、建物、電車の中はクーラーがガンガンきいています。
(そういえば今年はあまり節電、節電と言いません)
TVの健康番組で夏になると必ず
「夏でも湯船につかりましょう」的なコーナーが出てきます。

          snap_mariyakko_201375195919.jpg

日本人は世界的に温泉好き、風呂好きで知られていますが
日本人の長寿の理由の一つはこの温泉好き風呂好きにもあると思います。

湯船につかり体温をあげると免疫機能がアップします。
幸せ物質のセロトニンを作り、その手助けをする腸内細菌を内包する
腸が温まるからです。

仕事や人生に行き詰ったら、シャワーで寝てしまうより
ゆっくり湯船につかる方が良いアイデアが浮かぶかも。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
07.06
Sat
たまに場の空気を読まない人や
他人の気持ちを推し量らない人に出会いますが、
それはそういう性格だというわけではありません。
コミュニケーション能力は脳内に分泌される
神経伝達物質の「オキシトシン」に左右されるのだそうな。

オキシトシンの分泌が多ければ察しが良かったり
場の空気を読むのが優れていたり思いやりがあったりするのです。

だから職場で一人で困っている時
だれも手を差し伸べてくれない時があっても
「今はみんなオキシトシンが分泌されてないんだな」と思えば
ムダに傷つくこともなくなります。

世の中けっこう単純なしくみなんですね。

やたらに察しをよくして同僚のために手を差し伸べていると
上司や同僚に都合よく使われることもありえます。
上司によっては部下を「機能」だと考え
使いやすい部下を手足のように扱う人もいないではないですから。
こんなふうに考えるのは私にオキシトシンが足りていないせいでしょうか。

オキシトシンは動物好きな方には多く出ていると思われます。
ワンとかニャンとしかいわない
動物の気持ちを察することができるのはオキシトシンの働きだと思います。

私がことばで「ああしてほしい」「こうしてほしい」と言っても
ピロシに伝わらないのは、
ピロシにはオキシトシンが足りていないのですね。きっと。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
07.05
Fri
JR東日本が緑の山手線車内結婚式を企画しています。
応募締め切りは7月9日(火)必着。(近い!!)
●10月14日に「緑の山手線ウエディング」を希望される方
●10月14日にホテルメトロポリタン(池袋)での自前披露宴をされる方
●マスコミの取材OKな方
以上3つの条件を満たせる方で
山の手線内のウエディングにご興味のある方は→をご覧ください。

             snap_mariyakko_20137542935.jpg

多分10月14日はホテルメトロポリタンの披露宴会場を空けてある
ということなのだと思うので、
これから申し込んでも間に合うということなのでしょう。

もう事実上いっしょに暮らしている、子供もいる、
という方でもお申し込み大丈夫なのではと思います。

最近緑の山手線が走ってるなーと懐かしくおもっていましたら、
JR車内で上のような企画の募集広告が出ていました。

緑の山手線が走っていたころは親元から仕事に通っていたOLさんは
〇百万貯めるのはそれほど難しくなかったですが、
今の時代、ホテルで披露宴される方は
費用の援助が親あるいは祖父母からある方になるのでしょうか。

いずれにせよ、山手線での結婚式は一生の思い出になると思います。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
07.04
Thu
A国がヨーロッパや日本の外交施設に
盗聴器を仕掛けていたことがバレて騒ぎになりました。
オバマ大統領が「どこの国でもやっていること」と言ったのには
笑ってしまいました。
小学生がよく言いますよねこういうセリフ。
「だってみんなもやってるもん」
みんながやってれば自分も悪いことをやっていいってリクツなのですね。
そもそも「どこの国もやってる」の具体的な国名を挙げてみて欲しかった。
A国とR国とC国と・・・。

超大国の代表者が子供と同じメンタリティー。

snap_mariyakko_201374172751.jpg


だれでも読めるブログ。
特定の人だけに公開、あるいは非公開にされている方も
おられるかと思いますが、こういうのもチェックされていたりして。
アメブロのほうで強制削除されて
FC2ブログに移設された方もおられますが
でもFC2の社長(?)というんでしょうか、はA国人ですしね。
A国人ならチェックが大ざっぱでしょうけど。

日本最大の掲示板「2ちゃんねる」
あれも今の運営者はシンガポールかどこかで会社を経営している人なので
C国人である可能性もあります。
サーバーはA国にあるようですが。
日本の情報取り放題。
でも2ちゃんねるに書かれていることは悪口みたいなことが主なので
ろくな情報はないのがいいところ。

スノーデンさんの一件以来、私の脳は一方向に暴走中。
スノーデンさんの行き先はどこになるのでしょうか。
決まれば取材が殺到しそうです。
すでに映画化が決まっているとか。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
back-to-top