04.30
Tue
日本は実はどこにでも温泉が出るのだそうな。

知らなかった。

知らなかったのは日本中で私一人だけだったりして。

今は地中深く掘る技術が進歩していて、深く掘れば(掘る土地があれば)たいてい温泉が出るのだそうだ。

私は東京郊外の某ベッドタウンに住んでいるのだけれど、自分の住む場所から車で15分くらいのところに2ヶ所天然温泉があるようだ。

この天然温泉、折込み広告などで存在を知っていたのに、昨日会社の人に聞くまでは本物の温泉なんだと気付かなかずにいた。

目の前にあっても案外気付かないものってあるのね。

早速、来週にでも行ってみることにした。

入浴料650円。プラスバス代。

プチ贅沢。




日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.29
Mon
i_s01.gif
①グランバットマンで振り上げた脚を”決して”ドスッと床に落とさない。バトマンタンデゥも同じ。

②膝を後ろに押さない。(むしろ曲げたままで良い)-今は膝を守るため。


③プリエは膝を曲げるときにカカトをお互いに寄せる方向に力を入れるとハムストリングに力が入る。

④膝を伸ばすときは逆につま先の方に力を入れる。


③と④を行うとき呼吸を忘れずに。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.29
Mon
温泉の効果でせっかく膝の調子が良くなったと思っていたのに、昨日の立ち仕事でまた元に戻った。

なんだか私の人生と同じ。

いつも体重を右脚にかけているので悪い方の左脚の筋力が落ち、それで痛みも増幅される。

・つま先・膝・の二点を常に同じ方向に向けていれば良いのだが仕事中は動作が無意識になり、痛みの出る方向に膝が入ってしまうのが原因。

仕事中に膝ばかり意識しているわけにもいかない。

やることは山ほどあり、しかもGW初日でけっこう忙しかった。

今日の祝日(昭和の日)も忙しくなりそうだけれど今日を乗り切ればなんとかなりそうな気配。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.28
Sun
日本の伝統的な旅館には「部屋食」というのがある。
夕食や朝食を、宿泊した部屋に仲居さんが運んでくれる形式。

温泉に行ったとき膝が万全でないので畳に脚を投げ出して食事するのもアレだと思い、食堂での食事をお願いした。

そしたらびっくりしたのが、テーブルにおいてあるお味噌汁(小さなナベに入ったものがコンロで温められている)やお櫃に入ったご飯を仲居さんがわざわざ来てお給仕してくれるのだ。

う~ん、そこまでやるカナ。

確かに食事を運んできてくれる仲居さんとよもやま話をするのは楽しいと思う人もおられるかもしれない。
でも私達以外ににも給仕のテーブルがあり、会話が中途半端。

それならいっそ放っておいておいてくれて、自分達で勝手にご飯をよそって食べた方がずっと気楽。

あれこれ身の回りのことを人にやってもらうというのが慣れていないのでかえって気を遣う。

あ、「お気遣いなく」と言って自分達でやれば良かったのね。

今頃気付いた。

次回のためにメモをしておこう。

次回がいつになるかわからないけど。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 6 trackback 0
04.27
Sat
先週は10年ぶりのB・ベルトルッチ監督復活の映画「孤独な天使達」について書いたが(誤操作で消してしまった)

これは主演俳優が10年ぶりに復活の映画。

ラストスタンド」←クリック


主演はアーノルド・シュワルツェネッガー

定番のハリウッド娯楽アクション映画。

頭を使わず気楽に見れる。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.27
Sat
kitten_kijitora-buck.gif
世間は今日からGWだそうな。

私には関係ないけど。

私がOLだった頃、同僚でGWや年末年始休みになると、海外旅行に出かけてる人達がいたけど、当時も私はびんぼーだったので、そういうことには縁がなかったな。


当ブログにリンクを貼らせていただいている「B-joとおやじ猫の南風的極楽生活」のmam家の猫ちゃんたちが「ねこのきもち」7月号付録紙「ワールド・猫・ライフ」コーナーに載るそうです。

6月発売なのでまだ先ですが皆様もぜひごらんになってください。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
04.26
Fri
昨日宿泊したのは東京から2時間半くらいの山間に流れる渓流沿いにあるそこそこ有名な温泉地。

山の中なのでまだ遅い桜が咲いていて、大浴場からは眼下に流れる渓流が見渡せる素晴らしい宿だった。GW前のせいか空いていて今朝5時のお風呂は私一人の貸しきり状態だった。

いっしょに行った人に観光地をあちこち引き回され疲れ果てたが、温泉はさすがに素晴らしかった。

私がいつも不思議に思うのが、たとえば沸かし湯やスポーツクラブにある大浴場の湯と温泉の湯は見た目は同じなのに、温泉のほうは上がったあといつまでもぽかぽかと体が温まっていたり、肌がしっとりとするのはナゼなのだろう。

昔の人は病気を治すのに温泉地に長く逗留したりしたそうだけれど、ほんとうに病気がなおったのだろうか。

今回行った温泉の効能に「関節痛にきく」とあった。
確かに今日帰ってみたら膝の調子が良いような気がするのだけれど。

プラシーボ効果?
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.25
Thu
今日は山の温泉へ一泊。9時ごろ出発予定。

前回海辺の温泉に行くのに「海ほたる」を通ろうと首都高速に入ったら渋滞にまきこまれたため、いっしょに行く人が渋滞を嫌がり、今回は予定していた海辺の温泉から山の温泉へと変更となった。

前回は平日にもかかわらず宿は盛況。

7800円の宿泊代。

今年のゴールデンウィークは円安の影響もあり国内旅行が、それも豪華な国内旅行が好調だそうだ。
元気な団塊世代が今の日本経済を引っ張ってるのかな。

あ、団塊世代はすでに退職されてGWでなくても旅行に行かれるのかな?

私の仕事はゴールデンウィーク関係ないので今日温泉へ。

今回の宿泊代は10、500円。

温泉の様子は明日帰ってから。

日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.24
Wed
以下のことをしなければ膝に負担なくレッスンができそうだとほぼ確信。

・グランプリエ
・左足軸にしてのピケとピルエット
・ジャンプ(プチ・グラン)

ピルエット(回転)とジャンプができないと本当の楽しさは半減なのだけれどまるっきりやらないよりはまし。
上半身を大きく動かせるのはとてもうれしい。
これで3ヶ月~6ヶ月やってみてころあいを見計らって徐々に動作を増やそう。


光がさした感じ。



日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.23
Tue
フジコ・ヘミング(ピアニスト)は絵も描く。

絵のモデルのほとんどは彼女の飼っている猫ちゃん。

私は7・8年くらい前にフジコさんの描いた絵のリトグラフ(版画)を購入した。
黒猫と手毬が描かれたシンプルなもの。

ある時、私が住む街で彼女の展覧会が開かれたので、展示されていた作品の中の一番安い一枚を買った。
14回のローンで。
日ごろ、食費も削るケチケチ生活の私にしてはおもいきった買い物だった。

玄関を出るとき、帰って来たときときフジコの黒猫が出迎えてくれる。


本当は本物の猫ちゃんといっしょに暮らせるのが一番いいのだけれど。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.22
Mon
・かかとに重心があると体は常に傾いた状態になり、踊っている間に必ずとこかに異常が出る。

・足の親指と人差し指の間の付け根の少し下に重心を置く。

・大腿四頭筋(太もも)に力が入るとハムストリングに力が入らなくなる。
・太ももの力を抜くとハムストリングに力が入りやすくなる。

・デリエールアチチュードもアラベスクもタンデゥも常にハムストリングの筋肉を使う。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.22
Mon
映画監督やピアニストのように表現することを仕事(あるいは趣味)にしていた方が何かの事情で続けられなくなっても、10年後・20年後あるいは80歳近くになって再開される方がおられる。

10年後に再開されたのはイタリアのベルトルッチ監督
80歳近くになって(過ぎて?)有名になったのがフジコ・ヘミングさん。

ご両人とも言い尽くせないようなご苦労ののちの再出発のようだ。
しかも若いときの再出発ではない。

表現する方の10年間は、かならずしも表現することをやめたわけではなく心の中ではいろいろと発酵するものがおありなんだと思う。

一方、表現する手段を肉体に選んだかた、例えばダンサーやスポーツをするかたが続けられなくなって同じ競技で10年後に再出発しようとしても、限りなく不可能に近い。
たった一年でも復活には大きなエネルギーを要する。

だから皆、怪我をしてもなかなかやめないで、だましだまし続けている。

バレエもやめている間熟成できたらいいのにと思う今日この頃。

日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.21
Sun
どんなにやさしいクラスに出たとしても、「バレエ」と名前がついているとジャンプの練習がある。
これは膝に酷。
なのでジャンプ系統のレッスンをパスさせてもらっている。

教室のうしろで皆が飛んだり跳ねたりするのをただ単にぼーっと眺めているのもつらい。
ので、いっそプロフェッショナルも出ているような上級クラスに出て上手な人達をながめていれば良いイメージトレーニングになるかななどと考えてみる。
だが自分はそういうところは目指していない。

ではジャンプのないジャンルの踊りに新たに挑戦するのはどうなのか。

自分は制約がある中で踊るバレエが好きなのでなかなか意識が他の踊りに向かなかった。

あくまで膝を治してバレエに復帰するのが今の目標だけれど膝が治るまでコンテンポラリーやアルゼンチンタンゴのようなダンスに挑戦してみるのも良いのかもと思うようになった。

でもそれはそれで踊るのはバレエ以上に難しそうだ。






日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.20
Sat
私は普段リュックを愛用している。
あれにサイフやらウエアやらシューズやらを入れてどこにでも行く。
昨日はリュックを背負って東京青山を歩いた。
小さくなって。

5年くらい前に両膝に水がたまりその上開腹手術を受けて腹筋を縦に切った(2度目)。
買い物に行くなどの重いものを持つときリュックなら足腰に均等に重量がかかるだろうということで、それまでのショルダーバッグから乗り換えた。
以来ずっと愛用している。

私のリュック姿を見た人からは「登山にいくの?」「これからハイキング?」と声をかけられる。
とても重宝しているがここ2・3日もう少しオシャレなリュックに変えようと思案中だ。

どうしてかというと、このところ公開されている「ボストンテロ」の犯人が背負っているリュック(バックパック)に感じが似てるから。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.19
Fri
今日行ったバレエスタジオ、あまりに立地条件が悪すぎ。

スタジオの周りはたいていの人は知っているブランドショップがずらり。

普段着では行けない雰囲気。


私のような下流の人間にこれはかなりつらい。

しかも帰りは郊外に向かう通勤帰りのラッシュアワーと時間が重なりダブルパンチ。

多分この時間のこのクラス受講は今日限り。

出たのは入門クラス。

先生の経歴は公開されていないのでわからないがかなり的確な上、イメージで説明するのが上手な先生。


苦労して身体的な悪条件を克服した先生は教え方がとてもうまかったりする。

特に初心者に対して。

今日の先生はそのタイプ。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.19
Fri
今まで常識とされていたものに異なる意見を持つ先生に出会うことがある。

例えばドローイン。

スポーツクラブに行くとこれを教えてくれることもあるが、例えば歩くときやふと気付いたときにお腹を引き締めるというもの。

引き締めるというのはおへそを中心としたお腹周りを内臓の方に向けてぎゅーっと押すことである。

こうしたまま歩いたり、私の場合は立ち仕事の時にこうしていると脂肪燃焼効果が高いとされてきた。

バレエのレッスンに行くと「踊るときはずっとお腹引き締めて」とおっしゃる先生がいるし、このところドローインは一種の流行(わたしの周りだけ?)だった。

しかし昨日は「それをしてはいけない」という先生に出会った。

常にお腹を引き締めて(力を入れて)いれば、外側の筋肉を発達させてしまう。

つまり逆にお腹が出たまま硬くなってしまうというのだ。

100か0かではなく40%~50%の力で踊って下さい。
だそうである。


ただしそれは踊る場合であって、何か重いものを持ったり、ずっと立っている場合はドローインが腰を守るのでむしろやった方が良いと思う。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.18
Thu
東京ディズニーランド30周年だそうである。

私はディズニーランドができて2・3年目くらいに「週刊文春」に大赤字の様子や大金をつぎ込んで無駄なものを作ったとか酷評されていたのを覚えている。
だが30年目の今は大盛況だとのこと。

このディズニーランド、実は今の浦安の他にもう一箇所、候補地があった。
それは長野県にある大鹿村。
「大鹿村」は長野でもとりわけ山の中にある。
本当にここに人が住んでいるんだろうかというようなすごい場所にその村はある。

ちょっと想像してみた。
ものすごい山の中に忽然と現れるシンデレラ城・・・。ミスマッチ?
長野は大自然だけで日常から離れられる。
わざわざ人工物はいらないな。

それに大鹿村だったら交通の便が悪すぎる。
ディズニーランドは浦安にあったから盛況になった。
場所の勝利、浦安に決定したディズニーの重役の勝利だ。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.17
Wed
・おへそから少し下がったところ(丹田)から下は両脚の外側に向けてらせんを作るつもりでターンアウトを作る。

・上体は逆に両脇から体の内側に向かってらせんを作るつもりでターンイン。

・アラベスクを作るときは動足は床から上げるよりむしろ床に向かって押す感じでズルっと床をこすって上げる。

・骨盤から下を胴から遠くへ引き離すつもりで動きを行う。

・ハムストリングは常に力が入った状態を保つ。(この件に関しては未消化)
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.17
Wed
仕事の帰りに信号のない横断歩道をわたろうとしたら、二輪車が2台走ってくるのが見えた。
ぼんやり通り過ぎるのを待っていたら二輪車が横断歩道の手前で止まった。

なお待っていたら二輪車に乗っていた青年が「早くわたれ」みたいに目で訴えてきた。
良く見るとその二輪車は白バイ。巡回中だったのだろう。

車や二輪車の免許の試験のとき「信号のない横断歩道で人が立っていたら歩行者を通してあげましょう」に丸をつけないと減点になる。
が、しかし信号のない横断歩道で車が止まることはめったにない。
自分が運転する側になった場合も歩行者のために横断歩道で止まったことはない。

当然と言えばそれまでなんだけど、あの白バイの青年は「正しい」交通法規を実践していた。
目元の涼やかな美青年だった。(いわゆる制服効果ってやつね)

ああいう青年達が警察にいる限り日本の安全は大丈夫、だとふと思った。



日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.16
Tue
今日は毎月2回行くカラオケの日。
カラオケを上手に歌うコツ

①とにかくたくさん歌う
②音をはずしてもいいので思い切って高音、低音を出してみる
③マイクの中央(先の丸いところの中央)に向かって歌う。マイクの機能が中央が一番音を拾う。

だ、そうだ。上の三つはカラオケ上手な人から聞いたコツ
もう一つ、ついこのあいだTV番組(世界で一番受けたい授業)で仕入れたコツそれは

④高音を出すときは「お尻のアナをキュっとしめる」

だそうでそれを今日早速やってみることにする。
私は高音がなかなかうまく出なくて、しかも時々声がひっくり返り悩んでいた。

我が家は集合住宅なので家で大声を出して歌など歌うと他のお宅にも響き渡ってしまう。
大声を出す、しかも歌を歌うというのは体にも脳にも(TV番組いわく)いいそうなので
今日は思い切り歌ってこよう。
聞かされるほうは・・・修行だけど。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.15
Mon
若い頃、私はそうとうな練習の虫だった。
練習の虫などと言うと聞こえはいいがそれはつまり「練習依存症」だったということ、依存症=中毒になっていた。
アルコールやニコチンなど中に含まれる物質によって人によっては脳に過剰に快感物質が分泌され、中毒になる方がおられるが、アレと同じである。

仕事や恋愛などといったことにも依存(中毒)になる人はいる。
そののめりこんでいるものによって人間関係が破壊したり、生活に支障をきたし始めたら中毒だといっていい。
私の場合その依存先がバレエの練習だった。

私はかつて私を頼りにしていた小さないのちにずいぶん寂しい思いをさせた。
昨日は「萌猫」さんのブログにおじゃまして練習依存症だったころ私のそばにいた猫のことを思った。

「人の世の努力は悔いのない別れのためにある」
どなたか忘れましたがご高名なお坊様のことばです。




日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.14
Sun
直感は自分の過去の経験からきているのだそうだ。

第六感に思えることも、すっかり自分では忘れている過去の記憶から働いている。

直感は何よりキケンを知らせてくれる。
昨日はレッスンのために家を出ようとする30分くらい前に「今日は行きたくないな」となんとなく思った。

やはり直感に従った方が良かったのかも。
今朝膝の奥~の方に違和感が。
今日から3日はバレエお休みしよう。
なんだか野球の投手みたい。「中3日」あけるだなんて。
仕事と違って趣味のバレエなら行きたくないと思えば行かなくて済む。

ふと心に浮かんだものが直感、2度目に浮かんだのが「欲」
これからは直感に従ってみる。

日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.13
Sat
スポーツジムの中のバレエクラス。
先生はかつて「小林紀子バレエシアター」のプリンシパル(主役)をつとめられた方。
出たのは初心者クラス。

この先生のバレエに対するアプローチはとても独特で他に類を見ない。
スタジオが狭いせいもあり、クラスは満員。

足底筋つまり足の裏の筋肉の鍛え方を2種類教わる。
一つはオーソドックスなもの。
もう一つはかつて私が若きころ「そういう足の使い方をしてはいけない」と禁止されたやり方。だが足底筋を鍛えるにはとても良い方法の一つ。

2日続けてのレッスンは今の私には不可。
心に刻むべし。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.13
Sat
私は股関節から外に十分開く脚でないので、
つま先を外に開いたとき膝に負担がかかり膝の内側が痛くなる。

これまではバレエをそれでなんとかやってきたが経年劣化でこれからは「ムリに開く」ではやっていけない。
テクニックを変えていく。

今までもテクニックを変える事には挑戦してきたが
体と言うのは一度ついたやり方を変えるのは本当に時間がかかる。
ついいつものやり方でやろうとする。
そのほうがずっと楽だから。
で、今回のようなカタストロフィー(大げさスギ)が起きない限り変らないのだ。
人は失敗からしか学ばない。

今日からバレエ、ピカピカの一年生でやっていく。
できないと思うことでも辛抱強く取り組んでいく。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.12
Fri
今日は老舗バレエ用品メーカーの経営するバレエスタジオに行く。
出たのは基礎クラス
先生は30年以上前美脚で有名だったバレリーナのお嬢様。
本人も素晴らしいスタイル。

両手バーで基礎を丁寧に丁寧に教えている。
人気のクラスで生徒も多い。

下記の二つの動きは膝に負担が大きく不可。
・ジャンプして回転して下りる(今日やったのは半回転)
・片足で踏み切って同じ脚で下りる

ここは自宅から電車で4つ目の駅。スタジオまで30分以内なので時間的に助かる。
昼間なので通いやすい。

日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.12
Fri
    「新入社員の皆様へ
     
     早く咲く桜もある

     遅く咲く桜もある

     どの桜も地面に向かって根を張る時期がある
    
     今、君達はわからないかもしれないが
   
     目の前の仕事には必ず意味がある」

文面は正確じゃないと思うんだけど
これはJRの車内広告に書かれたKIRINのチャッチコピー。
このコピーを書いた方、すごいと思う。
たったこれだけでKIRINの会社の誠実さが伝わってくる。
新入社員を大切に育てようという会社の方針がわかる。

普段はお酒はたしなまない私でもキリンビールが飲みたくなりましたもの。
あ、キリンはビールだけじゃなかったんだっけ?

日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.11
Thu
膝痛が一番最初に発生したのはもう20年以上前。

一度痛みが出るとその痛みが治ったとしても年数を経てまた痛みが出るんだそうだ。
去年の10月末ポアント(トーシューズ)でイタリアンフェッテ(と言うワザがあります)を右足軸と左足軸でそれぞれ4セットずつ+レッスン後にさらに自習をして、翌日同じくポアントのレッスンを受けてから痛みが本格化した。
以前ならレッスンを弱めにしたら自然消滅していたが、今回は思いのほか長引いている。

以前と何が違うのかと考えると
① 加齢
② 立ち仕事(以前は座り仕事だった)
であることに気がついた。

①の自分の意志ではどうしようもないことは私は悩まない。
②もはぼ自分の意志ではどうしようもないことの範疇だと思える。(仕事は辞めることはできないので)

で、痛みの様子を記録してみようと思ってブログを始めたが、ブログの始めにほぼ結論が出てしまった。

「いたみと共存しながら日常生活を今まで通りおくっていこう」と。

なので当ブログはタイトルこそ「膝痛回復日記」ですが、ほぼ日常の駄文日記となりそうです。
膝痛に悩んで当ブログに来てくださった皆様、
本当に申し訳ありません。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
04.10
Wed
ずっとサポーターを着け続けていると脚の筋力が弱くなるらしいので
今日は久しぶりに立ち仕事以外はサポーターをはずしてみる。
今日から少しずつ筋力アップのトレーニングを始めるつもり。
本当に少しづつ。

膝は使いすぎても痛くなるし、使わなすぎても痛みが出るとのこと。
加減が難しい。
左の膝に「エリカ様」と名前をつけたいくらいだ。
私の膝はエリカ様のように機嫌がわからない。
今日の午後は調子が良いようならバーレッスン(バレエは前半バーにつかまってレッスンする)だけ受けてみようと思っている。
膝以外は健康なので膝をかばってレッスンを休むと他の部位の筋肉はたった1・2週間であっというまに落ちる。
特に脚の筋力が落ちてしまうのが問題だ。
今日は午前中、立ち仕事なので帰ってから
エリカ様のご機嫌を伺ってレッスンに行くかどうか考えよう。


日々の出来事 ブログランキングへ
comment 2 trackback 0
04.09
Tue
先週、海辺の温泉に行った帰りに宿の近くの道の駅で、岩のり・金目鯛のひらき・いわしの丸干し・あおさ、を買ってきた。
金目鯛は帰ったその日に食べたが、あとは毎朝朝食の食卓にのせる。
日常は近くのスーパーで買う、海から上がってから日にちの経ったものばかり食べているので、新鮮な魚や岩のりは舌やら心やらが満足するのがわかる。
特に「あおさ」のかおりがすごすぎる。
袋に風味一品とあるがこれが本当に文字通り。
果物でも何でも産地で買ったものは本当に美味しい。
特にりんごなどはスーパーでは倉庫で赤くするらしいので(実際に見たわけではないので真偽のほどはわからないが)産地で買うものとスーパーで買うものとは別の果物かと思うくらい味が違う。

ところで女性ホルモンは好きな香りを嗅ぐと活性化するらしい。
好きな香りなら何でも良い。
香水・チョコレートのにおい・味噌汁のにおい・潮のかおり・森林の木のにおい・・・。
このところ味噌汁に海辺で買った「あおさ」を入れて飲んでいる。
袋をあけるとすごい良い香りだ。
私の女性ホルモンは活発に分泌されているはず。
ムダにだけど。
日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
04.08
Mon
昨日のレッスンのおかげで全身の感じがまるで違う。
全身の細胞同士が上手く結びついて骨の位置がカシーン・カシーンと積みあがった感じがする。
細胞の中の老廃物が汗やおしっこと一緒に排出された感じ。
脳のシナプスも増えた気がする。気のせいだろうケド。
やはり私にはレッスンがご飯と同じように必要だ。
膝の調子も良い。

さてそうなると肝心の100%バレエのレッスンだ。
今の私の状態(故障者)に良いレッスンを探さなくてはならない。
バレエの場合上体を真っ直ぐに保ったままももの付け根を外に回し、膝も少し外にひねり、さらに足首も外に向けて外向き足姿勢を作る。
よくバレエの先生は脚は一直線のまま脚の付け根から外向き、膝とつま先は同じ方向にプリエなどというが、それをまともに実行するとほとんどバレエ的な外脚(ターンアウト)はできない。
それでいて「もっと膝外に向けて」などと言う。

「3年習うより、3年かけて良き師を探せ」
自分の体を張って今の自分に合った先生を探すしかない。キケンと隣り合わせだ。
今日は昨日のレッスンの回復日なので明日かあさって考えよう。

日々の出来事 ブログランキングへ
comment 0 trackback 0
back-to-top